歌う自衛官

0

     東日本大震災の被災者の心の支えの1つになったがあります。

      「祈り〜a  prayer」三宅由佳莉さんの歌声に多くの人々の心をや

      さしく包んだと云われています。

     

     「海上自衛隊の歌姫」と呼ばれるようになったそうです。

      自衛官の歌手の道を選んだ彼女の対談で、自らに課せられた使命と

      役割についてを話していました。

     

     通常の我々の生活には入っていない珍しい人なので、興味を感じて

      取り上げてみました。

     

    (1)海上自衛隊歌手

     

      彼女は地元の合唱団に入っていて、高校は音楽系に進み、大学は

       クラシックの声楽を学び、夢はミュージカル女優だったそうです。

     

      自衛隊音楽隊が歌手を募集しているのを教えてもらい、志願しま

       した。今では、陸上自衛隊も含め4人の歌手がいますが、彼女が

       初めてのケースでした。

     

      外国の軍楽隊はボーカリストの存在は一般的なのです。確かに、

       音楽隊としても歌がついてるほうが、メッセージをしっかり伝え

       ることができると思います。

     

    (2)入隊後訓練

     

      入隊が決まってから、5ヵ月の訓練をうけたそうです。敬礼の仕

       方から、ほふく前進、ロープの結び方、銃の扱い方などの基礎訓

       があります。

     

      次いで、水泳、ボートの扱い方、手旗信号など身体を動かすこと

       も多くなりました。生活面の指導や起床、消灯など時間厳守で気

       の緩みは厳禁です。

     

    (3)三宅さんの心境の変化

     

      朝から晩まで仲間との共同生活はかけがいのない絆が生まれたと

       云っています。人は支えあって生きていることを感じたそうです。

     

      一人では難しくても、互いに励まし、助け合えば乗り越えること

       ができる状況があると云っています。精一杯歌うことによって、

       歌手の役割として多くの人にパワーを贈ることができるようにな

       るのでしょう。

     

      仕事は細かく分かれているが、強い責任感を持って仕事をしてい

       る姿は格好よく、その一員であることが誇りであると思っておら

       れます。

     

    (4)音楽隊の任務

     

      儀式、式典での演奏〜海外の賓客が来たときや追悼式などの行事

     

      隊員の士気高揚のための演奏〜海外派遣の出港時など思いをこめ

                     ての演奏

     

      広報のための演奏〜自衛隊のことを多くの人に知ってもらうきっ

                かけを作る

                いろんな場所で、時には演歌、アニメソング

                も歌うそうです

     

     ・ これらを通じて、自分にいろんな引き出しができると云っていま

       す。なんといっても、皆さんが喜んでくれることが、自分の使命、

       役割だと云っておられます。


    | 1/90PAGES | >>

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << March 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM