勝負の違い

0

      スポーツだけでなく欧米の勝負の見方、特徴をとらえて日本との

       違いを示しているコラムがありました。なるほどと思うところも

       ありましたので、紹介します。

     

      戦前の日本において、人気のスポーツと云うと相撲野球です。

       相撲をスポーツと云うには違和感がある人もいます。確かに、神道

       との関係から神事とも云えるのです。

     

      野球はアメリカの国技の1つとも云えます。しかし、戦前の日本は

       すくなくとも人気のスポーツにアメリカの影響を受けていたのでし

       ょう。

     

     野球の精神

     

      ・ 野球は「」を基数とする競技です。1チーム9人、9回制、ア

        ウト3つで攻守交代、ストライク3つでアウト(かってボール9

        つで塁に進めた)。

     

      ・ 「3」はキリスト教の聖数だそうです。この精神を基本にしてい

        ると云えるが、野球は多くの得点をあげて勝利することを目的と 

        しています。

     

      ・ 資本主義では多くの利潤をあげることを活動の原則、目的として

        います。アメリカの精神そのものです。

     

     他のスポーツからみえるもの

      

      ・ サッカー、ラグビー、アイスホッケーなどには共通の特徴をみる

        ことができます。相手の陣地のゴールにボールなどを入れると得

        点になるというルールです。

     

      ・ 中世ヨーロッパでは、敵の本拠地、城を破壊することが勝利への

        道であったことに通じます。日本の場合、本陣を破壊することが

        終局ではなく、「王様」を殺すことにより勝利を得ることが多い

        と思われます。

     

     3.将棋

     

       このような日本の勝負の典型が、「将棋」にあると云っています。

        戦闘能力では「王将」より「飛車角」がすぐれており、「歩」は

        敵陣に入ると「金」になります。チェスと違って相手から取った

        駒は、自分の駒としていつでも使えます。

     

       戦国時代の歴史をみても、かって敵であった兵が一転して有力な

        味方になり、大活躍した話は数多くあります。

     

       将棋はこのような武士の生き様を象徴する競技であると云ってい

        ます。ヨーロッパの競技とは勝負の原則において、大分異なるの

        でしょう。

     

     


    | 1/91PAGES | >>

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << March 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM